天皇ちゃんねる オンラインカジノで自己破産 一から出直して皆を借金から救うブログ

パチンコ業界人。一生をギャンブルに費やす。パチンコ、パチスロ、株、FX、貴金属、原油、先物、オンラインカジノすべてを網羅。借金に関しても浪費、現金化、虚実申告すべての免責不許可事由を満たしつつ自己破産。内容があまりに酷く破産管財人すらなかなか決まらないアクシデントも。そんな自分が天皇ヤハウェの名前を持っている事に今気づく。免責が降りたら皆を借金から解放したい。目標はフランスロスチャイルドとスイスの崩壊。

【オンカジ】オンラインカジノで自己破産できるのか?②【自己破産】【ベラジョンカジノ】

金は貸すやつが悪い。

 

こんばんわ。宇宙天皇サタンです。オンラインカジノで自己破産できるのか?ですが、

前回の記事はこちらになります。
 

spaceemperor.hatenablog.jp

 

で、免責不許可事由の一つである、オンラインカジノですが、私の場合、日本で最大手のベラジョンカジノを使っていました。youtubeでは5000円で数千万円になって出金拒否を食らった動画が上がってましたが、

 

www.youtube.com

 

オンラインカジノでは日常茶飯事です!

 

まあ海外FXでもそうなんですが、勝ち過ぎると出金遅延させられるんですよね。なので運営と仲良くなるとか、「動画配信してるんで」と相手の方に言って、相手の利益にもなってますよと主張することで、出金遅延をさせずにWIN-WINの関係を築事が大事なのです。日本式でクレーム大王になっていたら口座を閉鎖させられます。だって相手の場所海外だし取りにいけないですよね?※運営が日本のカジノでやると賭博罪になります※

 

相手にきんたま揉み揉みされてる事を理解しながらやらないとダメ

 

です。私の場合は比較的スタッフに上記の連絡をする事で出金は比較的早かったです。破産したけ。あとベラジョンカジノは賭博罪不起訴の判決が出てる(判決というのかわからんけど)のもでかい理由ですね。

 

前の例に出した人も数千万一気に出金するんじゃなくて1日2~3万円とか運営が滞らないような形で出金しつつ、継続して遊んでいれば出金拒否はされてなかったでしょうね。

  

 

面白いのがその出金拒否された事を動画にしてる人自身がベラジョンカジノを開設しててハワイアンドリームをやって「儲かった」と喜んでいる事ですね。なんだかんだいってみんな最初は登録してるのです。なんだかんだ大手なんでサポートは他に比べてかなりまともです。数万レベルじゃ故意の遅延とかは心配しなくて大丈夫です。連休中とかは全体的に遅くなりますけど。

 

www.youtube.com

 

 やばいオンカジの所だと出金の際に、パスポートを見せろとか、クレカ番号を表全部と裏の3桁まで写メにとって見せろとか言ってきます(不正利用できるやんと)。

 

私のサイトのバナーから入ると天皇ヤハウェである私の紹介になりますので、問題が出た場合は私から運営に話をする事もできます。割と融通が利きやすいと思いますので、試しにやってみたい方はこちらからどうぞ。

※最初運営と揉めた時に天皇じゃ!といろんな大使館にCCしまくったら相手がビビったためw

 

とりあえず宣伝もしたので、話を最初に戻してベラジョンカジノでどのような戦略を取っていたかというと、この図に集約されます。

 

※ぶっちゃけ最初はかなりうまくいってました。鞍馬寺に旅行しにいったりとかしてました。

 

f:id:spaceemperor:20201201033853p:plain

↑昔ベラジョンカジノサイトを作って書いた戦略図

 

クレカ入金してベラジョンカジノで遊び、元本分は出金してクレカ会社のサイトから振込早期返済し、余剰金を積み増していって目標額に達したら旅行にいったりしてたんですよね。

 

この赤線部分の行為が後に免責下りるかどうかで重要になりました。返済してなかったら「返済意思がない借り入れ」として詐欺破産扱いになるところだったからです。最初相談に行った時に弁護士さんから「詐欺になる可能性があるので」と警告を食らったのですが、債権額確定でクレカ会社から明細が出た時に、振込でめっちゃ返済してたんで、なんとか破産開始にこじつける事ができたのです。

 

実際はカードローン枠とクレカのキャッシング枠が行ったりきたりしてただけだったんですが、結果的に良い方向になりました。

 

ちなみに破産時の状況はこんな感じです。

f:id:spaceemperor:20201201033909p:plain

 

もう借金の返済に奔走してる多重債務者そのものって感じですね。

 

クレカ枠が自分のお金と錯覚すので、カードローンで建て替えて、金利を下げてクレカ枠をあけると、その日にまたクレカ枠が満額になるまでオンカジをやるハメになります。儲かってる時はいいのですが、損し出すと自己破産一直線です。

ある意味オンカジはクレカ枠現金化みたいなものなので、自己破産では少額管財が確定するのがわかると思います。

 

最終的に自己破産する羽目になったのですがこの言葉の通りになりました。 

f:id:spaceemperor:20201201042237j:plain

死ぬくらい借金したら、死んで自己破産したけどすべて負債がなくなりました。アカギの言葉は正しかったです。

オンラインカジノが大半の原因ですがガチャ10000連分の300万の負債も免責で同時にきえました。コロナ禍で会社も来年にはなくなるだろう今、九死に一生を得たのです。借金持ったままじゃ身動きできなかったでしょう。

中途半端な負債でずっと苦しんでる方は、一勝負してダメだったら自己破産すると腹をくくるのもいいかもしれません。(リアルに死んじゃダメですよ)

 

弁護士とのやりとりはこちらからどうぞ:

spaceemperor.hatenablog.jp

以上です。